基礎現代化学シケプリ3

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数124
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    参考文献なし

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    ★ 基礎現代化学シケプリ★ written by かずきち。
    §3.原子の構造(第3回)
    (a)シュレディンガー方程式から水素原子中の電子の定常状態でのエネルギー準位や波動
    関数を求めてみる。すると、水素原子の波動関数は動径関数 R(r)と球面調和関数 Y(θ、φ)
    の積で表される(上の図参照)。この n、l、m の3つの量子数で区別されるψは原子中の電
    子状態を表す波動関数であり、原子軌道(atomic orbital:AO)と呼ばれる。N を主量数
    (principal quantum number)、l を方位量子数( azimuthal quan tum number)、m を磁気量子
    数(magnetic quantum number)と言う。「軌道」と言う言葉からは、電子の動く「道路」の
    ようなものをイメージしがちだが、原子軌道は電子の「運動状態」を表しているものなの
    である。
    R(r)は原子核からの r の距離にある空間の「ある1点」に電子が存在する確率を表すの
    であって、通常興味があるのは各座標θ、φに関係なく原子核から r の距離に電子が存在
    する確率である。そ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。