軽度発達障害において知能・発達検査を使用する意義について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,243
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「軽度発達障害において知能/発達検査を使用する意義について」
     軽度発達障害とは、発達障害のうち知的障害を伴わない障害をいう。例としては学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)、アスペルガー症候群や高機能自閉症を含む高機能広汎性発達障害(HFPDD)などが挙げられる。「軽度」という表現から、問題を軽く受け止められることが多いが、むしろ軽度だからこそ社会的な保障もされず、周囲から正しい理解を得られることが少ない。
     学習障害とは、読む、話す、書く、聞く、計算する、推測するなど学習能力に問題がある障害である。勉強嫌いや、環境が整わないための学業不振とは異なり、基本的に全般的な知的発達には遅..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。