社会福祉原論2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数497
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉を実践している人には大きく2つのタイプがあると思われる、一つはボランティアとして福祉を実践している人、そしてもう一つは社会福祉に従事することを職業としている人である。 
     このうち前者のボランティアとして福祉に接している人については社会福祉実践に対する愛について論じやすいと思われる、なぜならボランティアの思想自体が自由意志に基づき報酬なしで社会福祉活動を行うものであるからして、そこにある動機は対象者に対する愛が大きいと思われるからである、
     では後者の職業として社会福祉を実践している人にとってはどうであろうか、社会福祉を職業としている以上、社会福祉の実践は自らの生活を支える術でもある為..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。