シベリアにおける攻撃された氏族制度と遊牧生活

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数437
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    攻撃された氏族制度と遊牧生活
    シベリアにおける集団化は、先住民に課せられた広範な社会革命の一側面に過ぎなかった。社会革命によって宗教と、婦人の地位だけでなく伝統的生活の最も根幹的部分であった氏族的紐帯と遊牧生活にも影響が現れた。
    [氏族制度]
    20世紀初頭までに古い部族組織が全面的に崩壊したが、ロシア共産党は集団農場(コルホーズ)の形成にあたり、氏族の紐帯を無視できないと認めざるを得なかった。
    氏族の集団の例
    エヴェンキ・ツングース―実際上いくつかは氏族の集団化であった。(すべてのメンバーが同じ                          名字)
    ヤマルのネネツの集団農場―全メンバーがオカテッタ氏族
    中央シベリアのクレイカ川流域―民族性だけにとどまらず、農場、労働単位の「班」さえも族外婚的種族に従って分かれていた。
    このような氏族構造を打ち負かすためにソヴィエト・ロシアは「貧者」をうまく操作し地方ソヴィエトから「富者」を排除し選挙に勝ち、氏族ソヴィエトを廃止し地区ソヴィエトへ改編、そして伝統的な氏族集会を禁止する。こうした取り組みにより氏族制度は効果的に切り崩された。
    [遊牧生活]
     シベリアの遊牧、半遊牧民族に移動生活を放棄させるキャンペーンは集団化と同じころに始まり、またそれと密接に関連していた。それは集団農場(コルホーズ)の本部周辺に人々を徐々に定住化させる固定された中心地ができたからであった。
     遊牧民に対するソヴィエト・ロシア政府のキャンペーンを正当化するためにいつも言及される根拠とは博愛主義であり、ソヴィエト・ロシアが原始的な生活を送っていたシベリアの先住民を集団農場(コルホーズ)へ定着させる誘因として文明の恩恵を持って納得させた。それが出来なかったところでは強力な別の説得手段があった。そのような人々には融資、火器、弾薬等の形で援助をしていた。逆に基本的必需品を与えず、彼らの生活をさらに低下させることができたのである。
    定住化への歩み
    1934年―シベリア先住民の約半分が遊牧生活(ネネツ・サモイェード96%、エヴェン91%、エヴェンキ87%、チュクチ71%)
    1936年―ヴェルハネコリムスクのユカギール民族がロシア式家屋へ完全に移行。このころから定住化へ勢いが増す。
    ~1940年―南シベリア(アルタイ人、ハカス、ブリヤート)が定住化。
            アムール地方(ナナイ、ウルチ、ネギダル、ウゲデ)が定住化。
    *北方民族は1950年代まで少なくとも部分的に遊牧であり続けた。
     その後、先住民族はロシア人の活動を助け、毛皮動物の狩猟や罠猟で彼らの主人に利益をもたらし、その生産物がその生産物が政府にとって極めて重要であったが、野生動物にとっては莫大な犠牲となり1920年代に狩猟を統制し動物個体数を増加させる取り組みが1940年まで続けられた。また同時に毛皮農場も多数設立されていった。
    西シベリアのチュルク民族
     集団化にほとんど抗することのできなかったシベリアの共同体は、西南シベリアのチュルク語を話す民族(トボルスク、テュメン、タラ、バラバのタタール、アルタイ―エニセイのチュルク)は19世紀以降、ヨーロッパ・ロシアからの増加し続ける農業入植者の圧力にさらされてきた。
    [西シベリアのタタール]
    1930年1月―大規模集団化の命令がモスクワから届く。
              しかし完全に集団化地帯にいることに気付き無常なほどキャンペーンの波にのまれた。
    ~1931年年末―約4分の3の農場が集団化、タタールもしくはタタールとロシア人の混合から

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    攻撃された氏族制度と遊牧生活
    シベリアにおける集団化は、先住民に課せられた広範な社会革命の一側面に過ぎなかった。社会革命によって宗教と、婦人の地位だけでなく伝統的生活の最も根幹的部分であった氏族的紐帯と遊牧生活にも影響が現れた。
    [氏族制度]
    20世紀初頭までに古い部族組織が全面的に崩壊したが、ロシア共産党は集団農場(コルホーズ)の形成にあたり、氏族の紐帯を無視できないと認めざるを得なかった。
    氏族の集団の例
    エヴェンキ・ツングース―実際上いくつかは氏族の集団化であった。(すべてのメンバーが同じ                          名字)
    ヤマルのネネツの集団農場―全メンバーがオカテッタ氏族
    中央シベリアのクレイカ川流域―民族性だけにとどまらず、農場、労働単位の「班」さえも族外婚的種族に従って分かれていた。
    このような氏族構造を打ち負かすためにソヴィエト・ロシアは「貧者」をうまく操作し地方ソヴィエトから「富者」を排除し選挙に勝ち、氏族ソヴィエトを廃止し地区ソヴィエトへ改編、そして伝統的な氏族集会を禁止する。こうした取り組みにより氏族制度は効果的に切り崩された。
    [遊牧生活..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。