グリム童話「兄と妹」について

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,345
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    グリム童話を元に作られた作品は数多くあり、そのような作品は小さい時から何度か観たり読んだりしたことはあった。しかし、今回の兄と妹のようにグリム童話自体をしっかりと読んだ経験がなかったので、率直にいろいろな感想をもった。
     第一に、私が読んだものは訳されたものであり、また初版が昭和29年ということもあってか、非常に読みづらく理解しづらい文章であると感じた。私は、日本一酷い文章といわれる裁判官の判決文を読む機会が多いが、この兄と妹の文章はそれとは比べものにならないくらいの酷い文章であると思う。
    第二に、「まま母」が作品の途中で、娘と会話してい

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    グリム童話、「兄と妹」を読んだ感想
     
    グリム童話を元に作られた作品は数多くあり、そのような作品は小さい時から何度か観たり読んだりしたことはあった。しかし、今回の兄と妹のようにグリム童話自体をしっかりと読んだ経験がなかったので、率直にいろいろな感想をもった。
     第一に、私が読んだものは訳されたものであり、また初版が昭和29年ということもあってか、非常に読みづらく理解しづらい文章であると感じた。私は法学部であるため、日本一酷い文章といわれる裁判官の判決文を読む機会が多いが、この兄と妹の文章はそれとは比べものにならないくらいの酷い文章であると思う。
    第二に、「まま母」が作品の途中で、娘と会話してい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。