精神療法及び環境・社会療法について

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数2,634
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神療法及び環境・社会療法について
    1. はじめに
     精神医学における治療法は、身体療法、精神療法、及び環境・社会療法の三つに大別される。このうち身体療法は、薬物治療や電気ショック療法などといった医師のみが行うことのできる身体医学的手法によるものである。精神療法及び環境・社会療法は、医師以外にも行う事のできる人文科学的手法によるものである。
     精神障害の発病や経過などは、環境や社会の影響を大きく受けることが知られてきており、悪化や再発を防止するためにも患者の周囲の人や生活環境も含めて改善していかなければならない。そのため、近年では精神療法及び環境・社会療法もが重要視されるようになってきた。
     以下に、精神療法および環境・社会療法について述べる。
    2. 精神療法
     精神療法とは、心理学的方法によって精神病者の病状の鎮静治癒を図る治療法である。治療者は必ずしも医師である必要は無いが、あらかじめ良く訓練されており、患者との間に職業的関係が成り立っている必要がある。現在次に挙げるような精神療法が行われている。
    1) 精神分析的精神療法
     フロイトによって見いだされた、神経症の病因と治療法に関する理論、ならびにそれに基づく精神構造一般についての理論体系を精神分析という。精神症状の形成に関わる抑圧された考えなどを自由連想法を用いて明らかとしていき、患者の自己洞察力の亢進と人格構造の変化をもたらすことを目標としている。
     精神分析は、主に神経症の患者を対象として週に4日以上患者を寝椅子に座らせて自由連想を書き留めて患者の心を分析していく。適応症を人格障害や気分障害などに広げ、週に2-3回寝椅子を用いずにより柔軟な方法での面接で精神を分析していく方法を精神分析的精神療法という。
    2) 認知療法
     主観的体験がある特定の感情と結びついていると捉えると、ある種の精神障害の患者はその状況の認知と反応が食い違っている場合が多い。患者自身に精神症状の元となる認知歪曲を気づかせ、非合理的な自動思考を変化させるのが認知療法である。認知歪曲が原因とみられる神経症や軽症のうつ病などの患者を対象とする。
    3) 行動療法
     精神症状を学習性の行動として捉え、ある種の刺激(恐怖など)に対する不適応行動を、条件付け不足によって起きている場合は適正な条件付けを、条件付け過剰の場合はその除去をすることにより修正することを行動療法という。段階を踏んで恐怖を克服していったり、いきなり最大の恐怖と対面させたりするなど、術式は様々である。行動療法は、簡単な恐怖症性障害から強迫性障害まで広範囲を対象とし、現在先進国の中で最も多く行われている精神療法である。
    4) 森田療法
     森田療法は、森田正馬によって開発された主に神経症の治療法である。完全を求めるがために小さな事にこだわって余計に症状が悪くなるという悪循環を断ち切るために、あるがままに症状を受け止めて行うべき事をできる範囲で行っていくというのが根底原理である。優れた治療法として世界に普及しつつあるだけでなく、いわゆる健常者の生き方にも参考になりうるものである。
    5) 集団精神療法
     通常の精神療法は治療者と患者が1対1の面接が原則であるが、集団精神療法においては1対多数または多数対多数での面接を行う。集団精神療法は、基礎理論によっていろいろな種類があるが、集団ならではの連帯感をうまく利用して社会への適応性を養うことを目的としている。対象はアルコールや薬物などの依存症、摂食障害など幅広い。
    3. 環境・社会療法
     患者を取り巻く環境や社会を一般社会よ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神療法及び環境・社会療法について
    1. はじめに
     精神医学における治療法は、身体療法、精神療法、及び環境・社会療法の三つに大別される。このうち身体療法は、薬物治療や電気ショック療法などといった医師のみが行うことのできる身体医学的手法によるものである。精神療法及び環境・社会療法は、医師以外にも行う事のできる人文科学的手法によるものである。
     精神障害の発病や経過などは、環境や社会の影響を大きく受けることが知られてきており、悪化や再発を防止するためにも患者の周囲の人や生活環境も含めて改善していかなければならない。そのため、近年では精神療法及び環境・社会療法もが重要視されるようになってきた。
     以下に、精神療法および環境・社会療法について述べる。
    2. 精神療法
     精神療法とは、心理学的方法によって精神病者の病状の鎮静治癒を図る治療法である。治療者は必ずしも医師である必要は無いが、あらかじめ良く訓練されており、患者との間に職業的関係が成り立っている必要がある。現在次に挙げるような精神療法が行われている。
    1) 精神分析的精神療法
     フロイトによって見いだされた、神経症の病因と治療法に関す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。