食環境と健康について

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,210
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    食環境と健康について
    1. 現代の日本の食環境
     今から10数年前までは、19時を過ぎると閉店する店が多く、夜間に食べ物を手に入れることが難しかった。セブンイレブンがその名の通り、朝7時から夜11時まで営業を開始した1974年当初は、日本国内で「ものすごく遅くまで営業している店」との印象を与えたが、いまではコンビニエンスストアで24時間営業していない店の方が珍しくなってしまった。これに併せて、ファーストフードや大型スーパーチェーンの営業時間が延長され、現在では繁華街でなくとも24時間何処にいても食品を手に入れることが可能となった。
     さらに、こうした店で手に入る商品は、安価な上に非常に高カロリーな物が多い。例えば105円あれば、コンビニ店では400kcal程度摂取可能なメロンパンを、シェアNo.1のファーストフード店マクドナルドでは391kcal摂取可能なマックチキンという商品を購入することが出来る(2006年8月現在)。 かつての栄養失調とは、カロリー摂取不足を主に指していたが、現代ではカロリー摂取過多を指すようになってしまった。
     カロリー摂取過多が身体に悪いことは今や常識であるが、何か毒物などを口にしたのとは違い病気として現れてくるのに時間がかかり、なかなか実感がわかないのもまた事実である。食欲は人間の最大の欲求であるが故に、病気になると分かっていても(または、病気の原因になったと医者から指摘されても)食べ続けてしまう人が多い。
     さらに、人類の歴史は飢餓との戦いの歴史であったといわれている。(その証拠に、私達の身体には低血糖(エネルギー不足状態)に対するホルモンは数種類存在するが、高血糖(エネルギー過剰状態)に対するホルモンはインスリンしか存在しない。)「食べられる時に食べられるだけ食べたい」のが生物本来の本能であるから、健康を考えて食欲をセーブすることは、実はものすごくストレスのたまる行為でもあるのである。
    2. カロリー摂取過多が健康に及ぼす影響
     カロリー摂取過多がもたらす物の中で最も分かりやすいものに肥満がある。かつては肥満といえば贅沢をした大人がなるものというイメージであったが、近年は子どもにも増えてきていると指摘されている。文部科学省の学校保健統計調査によれば、身長ごとの平均体重よりも2割以上重い「肥満傾向」にある児童・生徒の割合を1982年と2003年で比べると、小学1年生で2.9%から4.6%、小学6年生は7.1%から10.8%に、中学2年生で6.5%から9.6%へいずれも増えていることが判明したという。
     肥満は、数々の病を産む。例えば、肥満すると体液量も増えてしまうために循環器系に負担が掛かり、高血圧になりやすいといわれている。血糖値を下げるホルモンであるインスリンの効き目も悪くなりやすいため、糖尿病も発生しやすい。これらの病気が重なると、動脈硬化(血管が硬く、内径が狭くなってしまう状態)が進み、脳卒中や心筋梗塞といった命に関わる病気に繋がりかねないのである。
    3. 食環境に悪影響を及ぼす要因
     こうしたことにならないように生活習慣を改める必要が出てくるのだが、「容易に食べ物が手に入る」現代の食環境には、様々な悪影響を及ぼす要因が存在する。
    (1) 「良い食べ物」に関する偏った情報
     肥満者が増えている一方で健康に対する意識は高まっていると言われている。そのため、メディアからは常に「○×を食べると健康に良い」といったものが流れてくる。そうした情報におどらされてしまう人が非常に多いことが問題点としてあげられるだろう

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       食環境と健康について
    1. 現代の日本の食環境
     今から10数年前までは、19時を過ぎると閉店する店が多く、夜間に食べ物を手に入れることが難しかった。セブンイレブンがその名の通り、朝7時から夜11時まで営業を開始した1974年当初は、日本国内で「ものすごく遅くまで営業している店」との印象を与えたが、いまではコンビニエンスストアで24時間営業していない店の方が珍しくなってしまった。これに併せて、ファーストフードや大型スーパーチェーンの営業時間が延長され、現在では繁華街でなくとも24時間何処にいても食品を手に入れることが可能となった。
     さらに、こうした店で手に入る商品は、安価な上に非常に高カロリーな物が多い。例えば105円あれば、コンビニ店では400kcal程度摂取可能なメロンパンを、シェアNo.1のファーストフード店マクドナルドでは391kcal摂取可能なマックチキンという商品を購入することが出来る(2006年8月現在)。 かつての栄養失調とは、カロリー摂取不足を主に指していたが、現代ではカロリー摂取過多を指すようになってしまった。
     カロリー摂取過多が身体に悪いことは今や常識で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。