情報化社会の発達の歴史について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,813
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    情報化社会の発達の歴史について
    1. 情報化社会とは
     情報化社会とは、社会の発達段階を現す概念の一つであり、しばしば産業社会(工業社会)、農耕社会、狩猟社会などとの対比として用いられる。一世代前の産業社会においては物を生産し流通させることに主眼が置かれて社会が成り立っていたが、情報化社会では知識や情報に高い価値が置かれ、その生産・収集・処理や流通を中心として社会が動いていく。古くから知識や情報に価値が認められていなかったわけではないが、どんなに有益な情報を得たとしても、例えば書き留める媒体(紙など)がなければ記憶に頼るしかなく、それを遠隔地にいる他人に伝える手段(電話など)がなければ狼煙を上..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。