生活習慣病について述べなさい

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数428
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    生活習慣病について述べよ
    1.はじめに
     生活習慣病とは「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、酒等の生活習慣が、その症進行にする疾患群」のことであり、具的にはがん、心病、卒中(わがの三大死因)に加えて動脈硬化、高血、糖尿病、高脂血症などがこれに含まれる。これらの病は年を重ねるごとに症しやすくなる性質があるためかつて成人病とされていた。しかし、必ずしも加のみが原因ではなく、い生活習慣の積み重ねが問題視されるようになったため、行政により呼が改められたのである。
     また、近年よく耳にするようになったメタボリックシンドロムは、脂肪蓄積に加え、血脂質異常、血高値、高血糖といった動脈硬化を促しやすい因子を複せ持つ態を表すものである。そもそも心筋梗塞や梗塞による死者を減らすために提唱された疾病念であり、そのほとんどが生活習慣病の念と重複すると考えて良いだろう。以下に、これらの係をまとめるとともに、その予防法について考察してみる。
    2.脂肪型肥
    ・・・・
    8.まとめ
     このように、芋づる式に出てくる生活習慣病とならないためにも、適正体重を維持することは非常に大切であることがよくわかる。しかし、生涯その体重を維持しつづけることは容易なことであろうか。答えは否であろう。要因として以下のことがあげられる。
     適正体重の維持のためには....

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生活習慣病について述べよ
    1.はじめに
     生活習慣病とは「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」のことであり、具体的にはがん、心臓病、脳卒中(わが国の三大死因)に加えて動脈硬化、高血圧、糖尿病、高脂血症などがこれに含まれる。これらの病気は年を重ねるごとに発症しやすくなる性質があるためかつて成人病と称されていた。しかし、必ずしも加齢のみが原因ではなく、悪い生活習慣の積み重ねが問題視されるようになったため、行政により呼称が改められたのである。
     また、近年よく耳にするようになったメタボリックシンドロームは、内臓脂肪蓄積に加え、血清脂質異常、血圧高値、高血糖といった動脈硬化を促しやすい因子を複数併せ持つ状態を表すものである。そもそも心筋梗塞や脳梗塞による死者数を減らすために提唱された疾病概念であり、そのほとんどが生活習慣病の概念と重複すると考えて良いだろう。以下に、これらの関係をまとめるとともに、その予防法について考察してみる。
    2.内臓脂肪型肥満
     体に蓄積する脂肪は、内臓脂肪と皮下脂肪に大別できる。内臓脂肪は、消化管周辺につく脂肪のことであり、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。