図書館における児童・YAサービスの課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数902
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介


     まず第一に、児童サービスにおいて現代の図書館が目指さなければならないことは、児童一人一人に、その子のニーズに応じた資料を提供できるような図書館作りをすることである。そのためには、子どもが必要としている情報を的確に捉えることのできる図書館員が必要である。アメリカなどとは違い、日本の司書は公務員なので、解雇の心配がなく、図書館員としての素質を高めよう、腕を磨いて図書館に貢献しよう、という積極的な流れが弱いように感じる。まずはもっと向上心を持ち、子ども、YAどちらに対しても、その世代の目線に立って物事を考えていかなければならない。
     また、図書館は、本などの

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    図書館における児童・YAサービスの課題
     まず第一に、児童サービスにおいて現代の図書館が目指さなければならないことは、児童一人一人に、その子のニーズに応じた資料を提供できるような図書館作りをすることである。そのためには、子どもが必要としている情報を的確に捉えることのできる図書館員が必要である。アメリカなどとは違い、日本の司書は公務員なので、解雇の心配がなく、図書館員としての素質を高めよう、腕を磨いて図書館に貢献しよう、という積極的な流れが弱いように感じる。まずはもっと向上心を持ち、子ども、YAどちらに対しても、その世代の目線に立って物事を考えていかなければならない。
     また、図書館は、本などの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。