民族紛争と国家、日本語について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数673
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    民族紛争と国家
    世界のあちこちで今もなお戦争や紛争が勃発している。宗教やイデオロギーなどが、民族紛争を克服すると考えられていた時代もあったが、現実は逆である。民族の独自性や固有の文化の尊重が強く主張される時代ということもあり、貧困や抑圧がなくならない限り、民族紛争はますます頻発するだろう。民族がそれぞれに国家をつくれればいいのだが、世界には三千を超える民族が存在するということを考えると、それは非現実的である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    民族紛争と国家
    世界のあちこちで今もなお戦争や紛争が勃発している。宗教やイデオロギーなどが、民族紛争を克服すると考えられていた時代もあったが、現実は逆である。民族の独自性や固有の文化の尊重が強く主張される時代ということもあり、貧困や抑圧がなくならない限り、民族紛争はますます頻発するだろう。民族がそれぞれに国家をつくれればいいのだが、世界には三千を超える民族が存在するということを考えると、それは非現実的である。混住が進んで、線引きの不可能な地域も多い。それに、排他的な民族エゴイズムを核として、民族国家をつくっても、対立・抗争は止まないと考えられる。しかしビデオで見たフール人のような、大領虐殺があ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。