だれも知らない小さな国

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数4,864
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    あらすじ:主人公の少年はある夏の日、もちの木を探して歩いているうちに、三角形の形をした平地に迷い込む。そこは誰も足を踏み入れていないようなどこか不思議な感じのする美しい場所で、少年は一目見ると気に入ってしまう。さっそく自分だけの「秘密の場所」に決めると、暇を見つけては遊びに行っていた。ある日、少年はそこで小指ほどしかないとても小さな人を目にする。少年はそんな不思議な体験を大人になっても決して忘れることはなく、また再びその場所を訪れた彼を、小人たち(コロボックル)は喜んで受け入れてくれるのだった。
    この本は、ファンタジーの分野に分類されているが、幻想的で起こりえないことを描くという、典型的なファ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。