具体的事実の錯誤における方法の錯誤についての法的処理

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,815
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    具体的事実の錯誤においての方法の錯誤の説明
     具体的事実の錯誤とは、同一構成要件内における具体的な事実に錯誤があることで、行為者が客体を取り違えたために、当初の客体と異なった客体に結果が発生してしまった場合である客体の錯誤、行為者がその方法に齟齬(手違い)があったために、当初予定していた客体と異なった客体に結果が発生してしまった場合である方法(打撃)の錯誤、行為者が予見した因果関係とは異なる因果経過をたどって、同一の結果が発生してしまった場合である因果関係の錯誤の3つがある。
    その中で、方法の錯誤においての法的処理について論じる。例えば、甲が乙を殺害しようとして乙を狙って発砲したところ、その弾..

    コメント1件

    sfida 販売
    某マーチ法学部シケタイです
    2015/05/20 18:01 (18ヶ月2週前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。