ナイロン、銅アンモニアレーヨンの合成

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,432
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ナイロンの生成(実験Ⅰ)
    銅アンモニアレーヨンの生成(実験Ⅱ)
    実験Ⅰ ナイロンの生成
    1.目的
    本実験の目的は 1,6-ヘキサジアミンと塩化テレフタロイルを反応させることにより、ナイ
    ロンを合成することである。反応式に関しては以下の通りである。
    nCl C
    O
    C Cl
    O
    NH
    2 (CH
    2)
    6 nH
    2N (CH
    2)
    6 C
    O
    C
    O
    N
    H
    n
    N
    H
    + + 2nHCl
    塩化テレフタロイル
    1,6-ヘキサンジアミン
    2.使用した試薬・器具
    1,2-ジクロロエタン、塩化テレフタロイル、1,6-ヘキサンジアミン、炭酸ナトリウム、三
    角フラスコ(10 ml)、反応用試験管、ピンセット、ろ紙、試験管、メスシリンダー(20 ml)
    3.実験と結果
    塩化テレフタロイル 0.1 g を反応用試験管に入れ、1,2-ジクロロエタン 4 ml を加えて溶解
    させた。また、1,6-ヘキサンジアミンを三角フラスコ(10 ml)に入れ、水 4 ml を入れて溶
    解させ、炭酸ナトリウム 0.1 g を加えてアルカリ性にした。次に、反応用試験管の塩化テレ
    フタロイル溶液の上へ、1,..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。