メチルオレンジの合成

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数4,814
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    メチルオレンジの合成
    1.実験目的
    スルファニル酸の Na 塩に亜硝酸ナトリウムと硫酸を加えることによりジアゾ化を行い、
    それに引き続くジメチルアニリンとのアゾカップリングを経て、アゾ色素の一種であるメ
    チルオレンジを合成する。反応式は以下の通りである。
    NaO SO2 NH
    2
    Na2NO2 H2SO4 O SO2 N
    +
    N Na2SO4 O H2 2
    スルファニル酸のNa塩
    + + + +
    (ジアゾ化)
    O SO2 N
    +
    N N(CH3)2 O SO2 N N N
    +
    CH
    3
    H
    CH
    3
    NaOH
    NaO SO
    2 N N N(CH
    3)
    2
    +
    (アゾカップリング)
    メチルオレンジ
    2.使用した試薬と器具
    スルファニル酸、炭酸ナトリウム、亜硫酸ナトリウム、20 % 希硫酸、2 mol/l 水酸化ナトイ
    ウム溶液、ジメチルアニリン、酢酸、ろ過瓶、ブフナー漏斗、ビーカー(200 ml)、試験管
    3.実験と結果
    スルファニル酸 3.0 g、炭酸ナトリウム 0.9 g をビーカー(200 ml)に入れ、30 ml の水
    を加えて加熱しながら溶かした。このときに気体が..

    コメント1件

    toyheart 購入
    参考になりました。
    2007/05/27 13:29 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。