セメントの密度試験

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数3,980
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート建築学セメント密度実験材料

    代表キーワード

    建築学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    試験の目的
    コンクリートの配合設計におけるセメントの容積計算において、使用するセメントの密度が必要である。
    セメントの密度の変化によって、その風化程度を知る目安になる。
    未知のセメントの種類を、セメントの密度からある程度推定することが出来る。
    混合セメントの粉末度試験(ブレーン工法)を行う場合には、試料の量を決定するのに、密度の実測値が必要である。
    実験方法
    (1)準備
    ルシャテリエ密度びん
    はかり(ひょう量200g、感量0.1g)
    水タンク(20±0.2℃)
    鉱油(JIS K 2203に規定されている灯油、あるいはJIS K 2204に規定されている軽油を完全に脱水したもので、通常、白灯油がよく用いられる)
    その他、鉢、乾燥した布もしくはティッシュペーパーを巻きつけた針金、ゴム板、黒色光沢紙、おもり、温度計
    (2)実験手順
    ルシャテリエ密度びんの目盛0~1ml.の間まで入れる
    水タンク中に静置して、鉱油の液面がほとんど変化しなくなったとき、その液面の 目盛ⅴ1を読む。
    試料100gをはかりとり、少しずつ静かに密度びんに入れる。
    注)試料を密度びんに入れる前に、管壁に付着している油を針..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。