医療福祉論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数660
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)
    医療制度改革によって目指す医療システムの中に、医療の市場開放がある。この改革はまさに国民の健康を守るという理念ではなく、経済的要請に基づいたものである。まさに『民でできることは民へ』の考えが医療の世界にもやってきたのである。市場開放により実現するであろう利点としては、第一に競争原理導入による経営効率化である。またこのことにより、医師側により効率的で質の高い医療サービスの提供を促すインセンティブが働くと考えられる。第二に患者主権の実現。つまり医師の立場のほうが患者より上だというパターナリズムの解消。第三に医療機関の閉鎖性の打破。日本ではfree accessが可能なことと裏腹に各医療機関が公開できる情報に制限が設けられており、どこの医療機関を受診すればいいのかわからないといった閉鎖的な医療機関の問題の解決が期待されている。
     だがしかし、この医療の市場化は自己責任の原則により成り立っている。つまりは、医療だけは特別で万人に平等に安く提供されるべきだと思うのはおかしいという考えであり、一般の医療サービスは自己負担とし、支払い能力に応じて医療サービスの質や量を選び、他の財・サービスの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。