幼児教育職入門 幼稚園と保育所について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数2,546
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『幼稚園と保育所について、保育の制度面と内容面における共通点と違いを整理した上で、幼稚園・保育所、公立・私立の計4種類のうち自分はどれを目指すのかを、理由を添えて述べ、さらに、どんな保育者に自分はなりたいのか。ポイントをいくつか挙げながら、明確かつ具体的に述べよ。』

    【幼稚園と保育所について、保育の制度面と内容面における共通点と違い】
     幼稚園と保育所での内容面における大きな共通点として、子どもを健やかに育てることや、子育て支援の役割を果たすことがあげられる。現代社会の保育のあり方は、多様な社会的ニーズにこたえるべく、保育を展開していくことが求められ、制度的に二元化されているが、両者が応えなければならない社会的課題はほとんど同じであるといえる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『幼稚園と保育所について、保育の制度面と内容面における共通点と違いを整理した上で、幼稚園・保育所、公立・私立の計4種類のうち自分はどれを目指すのかを、理由を添えて述べ、さらに、どんな保育者に自分はなりたいのか。ポイントをいくつか挙げながら、明確かつ具体的に述べよ。』
    【幼稚園と保育所について、保育の制度面と内容面における共通点と違い】
     幼稚園と保育所での内容面における大きな共通点として、子どもを健やかに育てることや、子育て支援の役割を果たすことがあげられる。現代社会の保育のあり方は、多様な社会的ニーズにこたえるべく、保育を展開していくことが求められ、制度的に二元化されているが、両者が応えなければならない社会的課題はほとんど同じであるといえる。
     幼稚園と保育所の制度面における違いでは、保育機関は第二次世界大戦後に、「幼稚園」と「保育所」との二本立てになったことから始まる。
    幼稚園は文部科学省の所管であり、学校教育法(第1条「学校の定義」)に規定される学校の一つである。日本国憲法第26条における教育を受ける権利・教育を受けさせる義務の理念を根拠とし、この条文を受けて、教育基本法に教育の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。