幼児理解と保育相談 幼児の保育相談をする際に必要なことについて論述せよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,965
ダウンロード数44
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『幼児の保育相談をする際に必要なことについて論述せよ』

    【はじめに】
     近年、私たちを取り巻く生活環境はめまぐるしく変化している中で、子ども達はその環境下に取り残されているのではないだろうか。育児不安に陥る母親や養育者は、インターネットや育児書からの便利な情報を鵜呑みにして、更に不安に陥るケースがある。周りの大人が、目の前にいる子ども達の危険信号や問題行動に気がつくためには、ゆとりを持って育児ができる環境を整える事や、子ども達の問題行動に対して親だけが悩み考えるのではなく、保育士や専門機関も一丸となって援助し、問題解決に力を注ぐ必要がある。
    保育士は、「保育のプロ」として、保育場面で幼児に起こる問題を知り、母親や養育者の重要性を理解した上で、保育相談方法を身につける必要がある。本稿では、保育カウンセラーの役割を通して保育相談に必要なことをまとめ、保育士や専門家の育児支援の仕方を考察する。
    【保育カウンセラーの役割】
    近年の問題として、幼児虐待や学級崩壊、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『幼児の保育相談をする際に必要なことについて論述せよ』
    【はじめに】
     近年、私たちを取り巻く生活環境はめまぐるしく変化している中で、子ども達はその環境下に取り残されているのではないだろうか。育児不安に陥る母親や養育者は、インターネットや育児書からの便利な情報を鵜呑みにして、更に不安に陥るケースがある。周りの大人が、目の前にいる子ども達の危険信号や問題行動に気がつくためには、ゆとりを持って育児ができる環境を整える事や、子ども達の問題行動に対して親だけが悩み考えるのではなく、保育士や専門機関も一丸となって援助し、問題解決に力を注ぐ必要がある。
    保育士は、「保育のプロ」として、保育場面で幼児に起こる問題を知り、母親や養育者の重要性を理解した上で、保育相談方法を身につける必要がある。本稿では、保育カウンセラーの役割を通して保育相談に必要なことをまとめ、保育士や専門家の育児支援の仕方を考察する。
    【保育カウンセラーの役割】
    近年の問題として、幼児虐待や学級崩壊、キレる子どもたちなどの家族病理や社会病理が取り上げられている。核家族が進むにつれて、昔のように育児知識の伝承ということがされにくくなり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。