生活科教育法 子どもの主体的な活動の姿を基にしたカリキュラムについて述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数392
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    『子どもの主体的な活動の姿を基にしたカリキュラムについて述べよ。その際、テキストに示されている事例から4例(第1学年から2例、第2学年から2例)取り上げ、具体的に考察を図ること。また、以下のキーワードを必ず取り入れて述べること。「学び」「体験」「かかわり」「遊び」』

    【カリキュラム作成のポイントについて】
     生活科は、具体的な体験や活動を通して、自分と身近な社会や自然とのかかわりに関心をもち、自立への基礎を養うことをねらいとしている。その中での教師の役割は、子どもを中心に置きながら子どもの主体的な活動を支援し、一人一人の子どもを的確に把握して正しい対応をする必要がある。このような生活科のねらいから、カリキュラム作成の4つのポイントを取り上げる。
     まず初めに、子どもは自らの個性を伸長・開花させながら発達を遂げていく有能な存在であるという子ども観に立って、子どもの思いや願いを学習の出発点とするカリキュラムの作成が必要である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『子どもの主体的な活動の姿を基にしたカリキュラムについて述べよ。その際、テキストに示されている事例から4例(第1学年から2例、第2学年から2例)取り上げ、具体的に考察を図ること。また、以下のキーワードを必ず取り入れて述べること。「学び」「体験」「かかわり」「遊び」』
    【カリキュラム作成のポイントについて】
     生活科は、具体的な体験や活動を通して、自分と身近な社会や自然とのかかわりに関心をもち、自立への基礎を養うことをねらいとしている。その中での教師の役割は、子どもを中心に置きながら子どもの主体的な活動を支援し、一人一人の子どもを的確に把握して正しい対応をする必要がある。このような生活科のねらいから、カリキュラム作成の4つのポイントを取り上げる。
     まず初めに、子どもは自らの個性を伸長・開花させながら発達を遂げていく有能な存在であるという子ども観に立って、子どもの思いや願いを学習の出発点とするカリキュラムの作成が必要である。
     次に、生活科の学習の場は学校や身近な地域であることから、今まで以上に地域の教育資源の活用し、地域の題材を教室に持ち込み学習するだけでなく地域に出掛けて学習し、地域..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。