国語科教育法 やまなしの教材研究を行うとともに・・・

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数285
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    『「やまなし」の教材研究を行うとともに、事例(p.142-170)の児童の発言を考察しなさい。』

    【はじめに】
     国語教育とは、人間生活の基盤を作り整え、その発達を促すものである。
    人間としての成長とことばとの関係を考えると、それは単に社会生活を営むための技術的言語の習得だけではない。日本の風土と人情に培われて母国語は存在し、子どもたちがことばを習得することは、この国の感覚と思想の中に呼吸することによって育まれる。
    「やまなし」は、宮沢賢治の感覚的な世界を独自の擬音語や擬態語によって見事に表現された作品である。彼の世界観を踏まえた上で、子ども達にこの作品が持つ言葉の魅力を伝えるにはどのようにすればよいかを考察する。
    【『やまなし』の教材研究について】
    「やまなし」は、宮沢賢治の独特な造語や比喩表現などが駆使された、象徴的、幻想的な作品であるため、一つ一つの言葉から様々な考えが広がり、場面の情景や登場人物の様子など

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『「やまなし」の教材研究を行うとともに、事例(p.142-170)の児童の発言を考察しなさい。』
    【はじめに】
     国語教育とは、人間生活の基盤を作り整え、その発達を促すものである。
    人間としての成長とことばとの関係を考えると、それは単に社会生活を営むための技術的言語の習得だけではない。日本の風土と人情に培われて母国語は存在し、子どもたちがことばを習得することは、この国の感覚と思想の中に呼吸することによって育まれる。
    「やまなし」は、宮沢賢治の感覚的な世界を独自の擬音語や擬態語によって見事に表現された作品である。彼の世界観を踏まえた上で、子ども達にこの作品が持つ言葉の魅力を伝えるにはどのようにすればよいかを考察する。
    【『やまなし』の教材研究について】
    「やまなし」は、宮沢賢治の独特な造語や比喩表現などが駆使された、象徴的、幻想的な作品であるため、一つ一つの言葉から様々な考えが広がり、場面の情景や登場人物の様子などを豊かに想像することが可能である。例えば、「クラムボン」という言葉を聞いた場合、児童はクラムボンという何かが存在すると考え、それぞれ想像を膨らませようとする。それが水面にうつる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。