教育原論 第1設題 ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数988
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。』

    【はじめに】
     近代初等教育の基礎を築いたペスタロッチーの思想は、幼い頃から生活の中で培われてきたといえる。母親からの手厚い教育、祖父が貧しい人々を救済するために働く姿は幼き頃の彼に大変影響を与え、それらは後に教育の重要さや人間性の尊さを訴えることに繋がった。そしてまた、ペスタッロッチーはルソーから影響を受けたが、ルソーの思想を崇拝するのではなく、むしろ批判的に捉え、教育問題を現実的に考えた点は非常に興味深い。
    これらのペスタロッチーの生涯を通して、母親の役割の重要性や彼の説く「直観の原理」とは何か、教育を受ける子どもたちにとってどのように重要な働きをするかをまとめ、考察する。
    【本論】
     1746年、ヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチーはスイスのチューリッヒで生まれた。ペスタロッチーが5歳の時に外科医である父パブテストは他界し、以後母スザンナと家政婦バーベリーに育てられた。家庭環境は貧しかったが、母と家政婦が子ども達の教育のため力を注ぎ、また祖父が貧しい人々を救済するために働いている姿に影響を受けた彼は、牧師になり救済事業にあたることを決意した。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。』
    【はじめに】
     近代初等教育の基礎を築いたペスタロッチーの思想は、幼い頃から生活の中で培われてきたといえる。母親からの手厚い教育、祖父が貧しい人々を救済するために働く姿は幼き頃の彼に大変影響を与え、それらは後に教育の重要さや人間性の尊さを訴えることに繋がった。そしてまた、ペスタッロッチーはルソーから影響を受けたが、ルソーの思想を崇拝するのではなく、むしろ批判的に捉え、教育問題を現実的に考えた点は非常に興味深い。
    これらのペスタロッチーの生涯を通して、母親の役割の重要性や彼の説く「直観の原理」とは何か、教育を受ける子どもたちにとってどのように重要な働きをするかをまとめ、考察する。
    【本論】
     1746年、ヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチーはスイスのチューリッヒで生まれた。ペスタロッチーが5歳の時に外科医である父パブテストは他界し、以後母スザンナと家政婦バーベリーに育てられた。家庭環境は貧しかったが、母と家政婦が子ども達の教育のため力を注ぎ、また祖父が貧しい人々を救済するために働いている姿に影響を受けた彼は、牧師になり救済事業..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。