臨床心理学 第2設題 ライフサイクルという視点から見たとき・・・

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数306
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ライフサイクルという視点から見たとき、人が成長過程でつまずくことにはどのような意味があると考えられるかを論じてみなさい』
    【はじめに】
     人は生きていく上で、必ず大なり小なりの困難に出会う。困難の内容は一般化できないが、個々の具体的な困難を理解する中で、心理的発達段階における課題を検討する際に有効な材料になるだろう。本稿では、ライフサイクルにおける成長過程の課題やつまずきの意味をまとめ、考察する。
    【成長過程におけるつまずきの意味】
     乳幼児期はライフサイクルの基礎を築く時期であり、とくに母子関係を主とした身近な人との人間関係が問題なく形成される必要がある。この時期の子どもは、環境に対する信頼感を獲得することにより、新しい経験も喜んで受け入れようとする逆に不信感を持つと恐れや不安を抱くようになり、その後の発達に悪影響を及ぼしかねない。幼児期は自己中心性が特徴であり、友達とのけんかやおもちゃの取り合いなど日常生活の中で他者とのぶつかり合いを経験する中で、しつけを通して「自己制御」の基礎的能力を獲得していくことが課題となる。3歳頃に出現する第1反抗期は自我の芽生えを示す正常な発達であり見..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。