臨床心理学 第1設題 エリクソンが挙げた8つ・・・

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,493
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『エリクソンが挙げた8つの発達段階の中であなたにとって関心が深い時期を4つ選び、各時期の特徴について整理した上で論じなさい』

    【はじめに】
    エリクソンはライフサイクルを、乳児期「基本的信頼 対 不信」から始まり、早期児童期「自律性 対 恥・疑惑」、遊戯期「積極性 対 罪悪感」、学齢期「生産性 対 劣等感」、青年期「アイデンティティ 対 アイデンティティ拡散と混乱」、初期成人期「親密性 対 孤立」、成人期「生殖性 対 停滞」、老年期(成熟期)「統合性 対 絶望」の8段階にわけて説明した。本稿ではこれらの発達段階の中から、青年期、初期成人期、成人期、成熟期をそれぞれの項目ごとにまとめ、考察する。
    【青年期(アイデンティティ対アイデンティティ拡散と混乱)】
     思春期が到来すると共に、児童期そのものは終りを告げて青年期が始まる。暦年齢は12~18歳までと短期間を当てはめる考えから、10~30歳までかなりの長期間を考える場合(笠原,1976)までがあり、長期間を念頭に置くほうが現代成年の現実に当てはめやすいと思われる。青年期は、思春期の急激な身体的・社会的な刺激や変化に対応する精神発達過程を意味する。性的成熟に伴う身体的変化をきっかけに、身体的精神的に自己を統合し再評価する段階であり、特に価値観の多様な

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『エリクソンが挙げた8つの発達段階の中であなたにとって関心が深い時期を4つ選び、各時期の特徴について整理した上で論じなさい』
    【はじめに】
    エリクソンはライフサイクルを、乳児期「基本的信頼 対 不信」から始まり、早期児童期「自律性 対 恥・疑惑」、遊戯期「積極性 対 罪悪感」、学齢期「生産性 対 劣等感」、青年期「アイデンティティ 対 アイデンティティ拡散と混乱」、初期成人期「親密性 対 孤立」、成人期「生殖性 対 停滞」、老年期(成熟期)「統合性 対 絶望」の8段階にわけて説明した。本稿ではこれらの発達段階の中から、青年期、初期成人期、成人期、成熟期をそれぞれの項目ごとにまとめ、考察する。
    【青年期(アイデンティティ対アイデンティティ拡散と混乱)】
     思春期が到来すると共に、児童期そのものは終りを告げて青年期が始まる。暦年齢は12~18歳までと短期間を当てはめる考えから、10~30歳までかなりの長期間を考える場合(笠原,1976)までがあり、長期間を念頭に置くほうが現代成年の現実に当てはめやすいと思われる。青年期は、思春期の急激な身体的・社会的な刺激や変化に対応する精神発達過程を意味..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。