SCEとNintendoのゲーム産業についてのキャンペーン戦略およびCM比較

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数646
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    現在、サブプライム問題を引き金に、世界規模の景気退化が進んでいる中、唯一といえるほどその影響を受けていない産業と言えば、ゲーム産業であろう。原油大幅値上げの原因で、出かけを控えている人々はその目を向けた先は家庭内の娯楽になりつつある。ハードの性能だけ向上しているが純粋なゲームの面白さの低下で、ゲーム産業はもう衰退して来ているという見方もあるだが、私はもう少し踏ん張れると見ている。
    したがって、今回は日本において、ゲーム産業の最大手といわれる二つの会社SCE(ソニー・コンピュータエンタテインメント)とNintendo(任天堂)の広告、キャンペーン戦略及びCMの比較を分析しようと思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ライバルである二つの会社の広告、キャンペーン戦略およびCM比較
    ――――SCEとNintendoのゲーム産業について    
    現在、サブプライム問題を引き金に、世界規模の景気退化が進んでいる中、唯一といえるほどその影響を受けていない産業と言えば、ゲーム産業であろう。原油大幅値上げの原因で、出かけを控えている人々はその目を向けた先は家庭内の娯楽になりつつある。ハードの性能だけ向上しているが純粋なゲームの面白さの低下で、ゲーム産業はもう衰退して来ているという見方もあるだが、私はもう少し踏ん張れると見ている。
    したがって、今回は日本において、ゲーム産業の最大手といわれる二つの会社SCE(ソニー・コンピュータエンタテインメント)とNintendo(任天堂)の広告、キャンペーン戦略及びCMの比較を分析しようと思う。
    まず、SCE初の携帯ゲーム機『PSP(プレイステーション・ポータブル)』と携帯ゲーム機シェア長年の王者であるNintendoの新機種『NDS(ニンテンドー・ディーエス)』を比較しようと思う。NintendoとSCE両者の戦いは、米国時間2004年5月11日からロサンゼルスで開催されて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。