原子の項記号と分子軌道について

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,105
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    原子の項記号の求め方
    原子の電子状態
    原子内の電子は、それぞれ、s=1/2のスピン角運動量と方位量子数lに応じた軌道角運動量[s(l=0),p(l=1),d(l=2),f(l=3),…]を持っている。原子全体では、これら個々の電子のスピン角運動量と軌道角運動量があわさって、全体でスピン角運動量と軌道角運動量を持ち、全スピン角運動量Sとそのz成分であるSzおよび軌道角運動量Lとそのz成分であるLzが保存される。原子の電子状態は、このSとLで指定され、2S+1L(L=S,P,D,F…)という形で記述されるので、個々の電子のsとlから全体のSとLを得る方法が必要となる。(全角運動量Jを含めて、2S+..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。