Jablonskiダイアグラムについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,057
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Jablonskiダイアグラムについて
      
     分子が光を吸収すると、励起状態に移る。この後、過剰なエネルギーは、放射過程(または、輻射過程)(光の放出)または無放射過程(または、無輻射過程)によって取り除かれ、分子は基底状態に戻る。このことについて、Jablonskiダイアグラムを用いて、説明していく。
     Jablonskiダイアグラムにおいて、黒い矢印は光子を伴う過程を示し、赤い矢印は光子を伴わない過程を示す。ダイアグラムの底の太い水平線は、一重項基底電子状態 における基底振動状態のエネルギーを表している。 、 は、それぞれ最低励起一重項状態、最低三重項励起状態である。 、 は同一の電子配..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。