近代の婚姻・離縁についてのレポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数405
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート史学婚姻離縁近代

    代表キーワード

    史学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    近代ゼミ
    史料
    海野福寿, 大島美津子校注『家と村』(近代日本思想大系20)岩波書店 1989所収
    「信濃国慣例(抄)」婚姻之事、離婚之事
    信濃国慣例(抄)の担当箇所では、婚姻之事(嫁資ニ付テ申合之事)、離縁之事(届手続並ニ吹聴、帰籍等之事)、離縁之事(財産分割、子女養育之事)、離縁之事(離縁状之事、離縁之原由之事)とある。離縁状に関してはまず、高木侃「離縁状に関する若干の考察」の考察がある。以下に高木氏の離縁状についての所説を引用する。高木氏は武家と庶民の差異という観点から以下のように述べられる。
    「江戸時代において、離婚のことを離縁といった。離婚の要件として離縁状の授受が必要なのは、庶民の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。