SrとYの分離などに関する実験レポート

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数535
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート理工学SrY半減期放射平衡

    代表キーワード

    理工学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    90Sr-90Yの分離、同定および半減期測定
      
      (結果・考察)
         
    スポットした点からの距離(cm) 計数率(cpm)   -3.0  27 -2.0 20 -1.0 27 0 243 1.0 188 2.0 31 3.0 40 4.0 115 5.0 202 6.0 35 7.0 24 8.0 27 9.0 29 10.0 28 90Sr、90Yについて最大飛程を求める。まず、90Srのβ線の最大エネルギーは0.546MeVだから、経験式  R=0.407E1.38  に代入して、
         R=0.407×0.5461.38=0.177    g cm-2
    同様にして90Y..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。