血液凝固の機構について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数2,162
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    血液凝固の機構について
    血管に損傷が起こると血小板が集まり、不溶性のフィブリンの網膜構造ができ、さらに血中細胞を捕らえる。フィブリンは血中を循環していたフィブルノゲンに、セリンプロテアーゼであるトロンビンが働いてできる。チモーゲンの形で血中を循環していた一連の血液凝固系酵素がペプチド分解により次々と活性化され、その最後に活性化される酵素がトロンビンである。この全体を血液凝固カスケードという。凝固に関連するプロテアーゼ類のアミノ酸配列と作用機構はトリプシンに似ているが、特異性がはるかに高い。余分のドメインが補因子と相互作用させ、凝固反応の場である血小板の膜に固定する。
    組織から組織因子というたん..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。