タンパク質分解酵素についてのレポート

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,043
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生物化学レポート
    課題 :セリンプロテアーゼ以外のタンパク質分解酵素を2種挙げ、それらの活性部位や役割などについて説明せよ。
    アスパラギン酸プロテアーゼ
      アスパラギン酸プロテアーゼの活性部位の主要な特徴は、1対のアスパラギン酸残基で、それがペプチド結合を攻撃する水分子を生み出している。一つのアスパラギン酸残基が脱プロトンした状態で水分子を攻撃し、水分子を脱プロトンの方向にし、一方、残りのアスパラギン酸残基はプロトン化した状態でカルボニル基の極性を増加させて、カルボニル炭素への攻撃を受けやすくしている。この種の一員には、血液調節に役立つ酵素であるレニン、消化酵素ペプシンが含まれる。それらのた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。