日本語はなぜオノマトペが豊富なのか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,358
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート語学日本語オノマトペ擬音

    代表キーワード

    語学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本語はなぜオノマトペが豊富なのか
    1.はじめに
    あるテレビ番組で、日本語のオノマトペは他の言語に比べ数が多いと言っていた。それを聞いたとき、ふと疑問に思ったことがある。なぜ、日本語のオノマトペは多いのだろう。そのときは、何も調べずに放置してしまったが、今回オノマトペについて調べるにあたり再び脳裏を過ったので以下考察していく。
    2.オノマトペとは
     オノマトペとはフランス語の onomatopée の外来語で、日本語の擬態語(「にやにや」「ふらふら」など)や擬音(声)語(「わんわん」「ざあざあ」など)の総称名である。英語ではonomatopoeiaと綴り、フランス語と同様にギリシャ語の「命名す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。