国際連合論ホンモノ

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数348
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    国連の行う紛争と平和への取り組み
    東西対立、冷戦が終焉したことにより、それまで封じ込められていた対立が顕在化し、地域紛争や内戦が表面化、多発するようになった。紛争の多くは国家対国家の戦争ではなく、従来の軍事的枠組みや政治的枠組みによって処理することが難しい民族間の紛争や内戦であったため、国連PKOの数は激増した。従来平和の維持、安全保障は国連の仕事であり、国連の最大の目的は国連憲章第1条1項の「国際の平和と安全の維持」にある。国連の平和構築の従来のアプローチは調停などの政治的枠組み、国連軍・多国籍軍による軍事行動、PKOだ。PKOの具体的活動は停戦合意後の平和維持、平和維持軍、軍事監視団の派遣、治安維持などだ。PKOは両当事者の合意のもとで行われ、非強制的性格を持っているといえる。
    1992年、ガリ国連事務総長の「平和への課題」報告において、冷戦後の国連のあり方として従来の平和維持活動に加え、予防外交、平和創造、紛争後の平和構築を行うことやPKO 機能の拡大が提案された。これによりPKO の役割も平和に向け、紛争当事者の非武装化、難民の送還、選挙監視、人権擁護、政府機関や経済的社会的な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。