タームペーパー本文

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数9
閲覧数616
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    シエラレオネ
    ~政府の問題点~
    1、はじめに
    アフリカ諸国の多くはヨーロッパの植民地から独立し、現在は自国の政府で政治を行っている。しかし、独立してまだ日が浅いということもあるが、多くの国では社会が安定せず、内戦が起きている。そしてこの内戦によって貧困など様々な弊害が起き、人々が苦しんでいるのだ。では、NGOや国連がアフリカ諸国に対して復興援助をするなど行動を起こしているにもかかわらず、なぜこのようにアフリカ諸国は苦しんでいるのだろうか。私は政府に問題があるのではないかと考える。今回はアフリカの一国、シエラレオネに焦点をあて、シエラレオネの歴史、内戦、またその後の復興から政府の問題点について考え、述べていきたいと思う。
    2、植民地支配から見る問題点
    シエラレオネ共和国、通称シエラレオネはアフリカの西部、大西洋岸に位置し、北はギニア、南東はリベリアと国境を接する国である。また平均寿命が世界で一番短いという記録を持っており(男:32.95歳, 女:35.90歳、1995年現在 アムネスティー・ナショナル日本)、世界で一番平均寿命の短い国のひとつとして有名だ。この国の寿命が短い理由として、衛生管理が不十分であることのほかに、内戦が繰り返され、社会が安定していないことが挙げられる。まずシエラレオネの植民地時代の歴史から、政府の考え方について述べる。
    シエラレオネの国名はポルトガル語のSerra Leoa(ライオンの山)をスペイン語に翻訳した言葉Sierra Leónから由来している。「ライオンの山」と名付けられた理由についてはいくつかあり、現在の首都フリータウン付近にいたポルトガル人が山の方からライオンのように轟く雷鳴が聞こえたため名付けたという説や、山から海へ吹き降ろす風がライオンの咆哮に似ているので名付けたという説などがある。
     このことからわかるように、シエラレオネの世界的歴史は1447年にポルトガル人が上陸したことによって始まり、その後しばらくはポルトガルの影響下に置かれた。しかし、1560年代から18世紀にかけて植民地を増やしたいヨーロッパ諸国(1)の戦略に巻き込まれ、奴隷貿易のやり取りや土地の譲渡、国同士の争いなどが国内で起こるようになる。そして19世紀初頭に奴隷制から解放された黒人達の移住地としてイギリスの植民地となり、1880年以後にはイギリスから「解放奴隷」約5万人が現在のフリータウンに移住したため、イギリスの統治が強まった。
    第二次世界大戦後、各地で独立の気運が高まると、シエラレオネもほかのアフリカの国同様に1961年に独立した。しかし政権はアフリカ系の先住民(2)が握り、解放奴隷を祖先に持つ者(3)は疎外されたために対立が発生する。この民族対立がその後に起こるシエラレオネ紛争の遠因となったとも言われており、その後のシエラレオネ社会にも影響を与えていると考えられる。
     
    今まで述べたことから、シエラレオネは独立からまだ46年しか経っておらず、自分たちの政治のあり方が確立されていないと考える。他国の支配下に置かれた期間が長く、その間の政治に携わることがほとんどなかったために、自国の政治をどう行えば一番よいかがわからないのだと思う。資料が見つからなかったため推測であるが、独立後初めて誕生した先住民による政権も、植民地であったときの不満を解消するばかりで国民全体の利益を考えたものではなかったのではないだろうか。このようなことでは国が安定することは難しく、植民地時代と同様に、支配者や権力者に対する不満が募るだけだ。シエラレオネはこのような植民

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    シエラレオネ
    ~政府の問題点~
    1、はじめに
    アフリカ諸国の多くはヨーロッパの植民地から独立し、現在は自国の政府で政治を行っている。しかし、独立してまだ日が浅いということもあるが、多くの国では社会が安定せず、内戦が起きている。そしてこの内戦によって貧困など様々な弊害が起き、人々が苦しんでいるのだ。では、NGOや国連がアフリカ諸国に対して復興援助をするなど行動を起こしているにもかかわらず、なぜこのようにアフリカ諸国は苦しんでいるのだろうか。私は政府に問題があるのではないかと考える。今回はアフリカの一国、シエラレオネに焦点をあて、シエラレオネの歴史、内戦、またその後の復興から政府の問題点について考え、述べていきたいと思う。
    2、植民地支配から見る問題点
    シエラレオネ共和国、通称シエラレオネはアフリカの西部、大西洋岸に位置し、北はギニア、南東はリベリアと国境を接する国である。また平均寿命が世界で一番短いという記録を持っており(男:32.95歳, 女:35.90歳、1995年現在 アムネスティー・ナショナル日本)、世界で一番平均寿命の短い国のひとつとして有名だ。この国の寿命が短い理由として、衛..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。