社説から読み取る日本と世界の2008年

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数333
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2008年、年が明けた日本は解決すべき問題を山のように抱えている。日本国内だけの問題ではなく、世界とのつながりの中で生まれたものも多い。環境問題や、国内の政治問題、株価などの問題を抱えているのは日本だけではないのだ。
    他国との関係の問題として、まず日本株価の急落が挙げられる。この原因は外国人投資家の売りであると考えられている。外国投資家が日本の市場から離れる傾向にあるのだ。日本の市場に魅力がない最大の理由は、政治が安定せず、しかも政権が政策の方向性を示せていないことにある。小泉構造改革を市場は歓迎したが、その後安倍政権を経て現在の福田政権は、どこに向かっているのかが一向に見えてこないことを、市場が嫌気しているのだ。
    株式市場だけの話ではないが、世界中で多くの国が勢いをつけてきて、上に行くところと下にいくところ、横ばいのところと世界で二極化が進んでいて、発展する経済と発展しない経済で分かれてきている。この中でどうやら日本は発展しない経済と見られているのだ。アジアでも、中国やシンガポール、韓国など日本より勢いのある国がある。日本がもう一回、政治的・経済的なパワーを復活させないと、このまま衰..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。