英文学史レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数523
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    今回『オセロー』を読み、考え思ったことを書こうと思う。
    ここでは何故オセローはイアーゴーを信じ、デズデモーナを殺害してしまったのかについて考えてみる。
    オセローがデズデモーナを疑った理由として、主に「嫉妬」と「オセローのコンプレックス」というものが挙げられる。これらについて違いを明確にしていきたいと思う。
    一般的に、嫉妬というものは直接的に相手への疑念に転化される。例えば、自分の付き合っている女性が他の男性と仲良くしていたとしよう。そのとき自分は、「何でアイツは自分の彼女と仲良くしているのか」という“嫉妬”を持つ。しかし、この“嫉妬”は、「もしかしたら彼女は、アイツに気があるのではないか」という“疑念”に発展する。この事に関してみな経験のあることではないだろうか。ある意味ではこの“疑念”も“嫉妬”の一部と言えるかもしれないが、ここではあえて分離して考えていきたい。
    また、嫉妬と自身のコンプレックスも明確には分離しがたい。一般的にコンプレックスが嫉妬の原因となる場合が非常に多いと思われるからである。例えば、自分の恋人が浮気をしたとしよう。そのとき自分は何を考えるだろうか。ある人は恋人の性向を一方的に責めるかもしれない。自分に何の欠落した点がないような完全超人や、自己を省みるような殊勝な心を持ち合わせていない人はこのように振舞うだろう。
    しかしながら、「自分がこうだったから相手が浮気をしたのではないか」と考える人が圧倒的多数なのではないだろうか。恋人は自分のここが嫌になったのではないか、あのような行動が不味かったのではないだろうか、考えて出てくる答えはそれこそ星の数ほどあるだろう。それも当然のことである。後でも述べるが、これは自身の頭で考えていることであり、答えなど出るはずもないからである。そのようにして見えてくる自分の落ち度、つまりそれがコンプレックスである。コンプレックスの認識の段階で嫉妬という感情が原因になるので、これもまた明確に分離できるものではないかもしれない。しかしここではそれらが違った性質を持ったもの考え、きっちりと区別して考えていきたい。
    ここで一旦要旨を整理しよう。オセローはデズデモーナに対しての“疑念”を抱いたわけだが、その理由をオセローの“嫉妬”と“コンプレックス”として考える。そしてその“嫉妬”と“コンプレックス”どのようなものであったために、“疑念”がデズデモーナを殺害するまでの憎しみに変化してしまったのかを考えていきたい。
    では早速本論に入っていきたい。まず最初に先程も述べたように、オセローの“嫉妬”と“コンプレックス”の性質の違いについて考えを述べる。
    私はこの両者を「他の男性に向けての嫉妬」と「自己の醜さの認識ゆえのコンプレックス」として考えるのが適切ではないかと思う。噛み砕いて説明すると、“嫉妬”というものを自分から外へ向くベクトルを持った負の感情であるとし、“コンプレックス”を自分の内へと向かっていくベクトルを持った負の感情であると考えるのである。 このようにそれぞれが正反対のベクトルを持った同じ性質の感情であると定義すると、面白い考察を得ることが出来る。つまり、この二つの感情が同時にオセローを苦しめたと考えるのである。そのようになったとき、オセローのデズデモーナに対する“疑念”が“憎しみ”へと変わってしまったのではないだろうか。以下でこの両者がどのようにオセローを苦しめたかを詳しく考えていく。
    まず“嫉妬”について考えてみる。まず辞典でこの言葉がどのように定義されているのかを確認しておく。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    今回『オセロー』を読み、考え思ったことを書こうと思う。
    ここでは何故オセローはイアーゴーを信じ、デズデモーナを殺害してしまったのかについて考えてみる。
    オセローがデズデモーナを疑った理由として、主に「嫉妬」と「オセローのコンプレックス」というものが挙げられる。これらについて違いを明確にしていきたいと思う。
    一般的に、嫉妬というものは直接的に相手への疑念に転化される。例えば、自分の付き合っている女性が他の男性と仲良くしていたとしよう。そのとき自分は、「何でアイツは自分の彼女と仲良くしているのか」という“嫉妬”を持つ。しかし、この“嫉妬”は、「もしかしたら彼女は、アイツに気があるのではないか」という“疑念”に発展する。この事に関してみな経験のあることではないだろうか。ある意味ではこの“疑念”も“嫉妬”の一部と言えるかもしれないが、ここではあえて分離して考えていきたい。
    また、嫉妬と自身のコンプレックスも明確には分離しがたい。一般的にコンプレックスが嫉妬の原因となる場合が非常に多いと思われるからである。例えば、自分の恋人が浮気をしたとしよう。そのとき自分は何を考えるだろうか。ある人は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。