ジェンダー論について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,677
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ジェンダーについて
    1.「ジェンダー」と「性(セックス)」
    はじめに、私がこの授業を受け、課題レポートを作成する際に一番の疑問点であったのは「ジェンダーとは何か」「ジェンダーと性(セックス)とは何が違うのか」ということであった。
    世界保健機関(WHO)の言葉を借りると、「性(セックス)」は『遺伝的・生理学的または生物学的に女性あるいは男性であるという指標』であり、一方で「ジェンダー」とは『社会によって決定される、性別役割と決定』ということである。また、アメリカ医師会では、「性(セックス)」は『雄性と雌性の生物学的特長』であり、「ジェンダー」は『セックス以上のものを含み、ある人の個人的、そして社会的地位の文化的指標である』と定義している。
    これらから考えてみると、「ジェンダー」には社会という要素が必要不可欠だということに気づいた。つまり、人間にのみ使われるはずである。逆に「性(セックス)」は他の生物にも使われるはずだ。こうして考えてみると確かにウサギに対してジェンダーという言葉を使ったことはない。私は無意識の中で「ジェンダー」と「性(セックス)」という言葉を使い分けていたようである。また..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。