アルコールと薬物その他の依存症

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数847
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アルコールと薬物その他の依存症
     最初に、先生がアルハラと言われたときは、何のことだかさっぱり分かりませんでした。しかし、アルコールハラスメントと聞いて、なんとなく分かった気がします。このアルハラという言葉が今までのこころとからだの講義の中で、一番印象に残っていたのでこれをレポートのテーマにしました。
     アルコールハラスメントの定義その一は、上下関係、部の伝統、集団によるはやしたて、罰ゲームなどといった形で心理的な圧力をかけ、飲まざるをえない状況に追い込むこと、という飲酒の強要である。その二は、場を盛り上げるために、いっき飲みや早飲み競争などをさせる、といういっき飲ませである。その三は、酔いつぶすことを意図して飲み会を行うことで、傷害行為にも当たる。ひどいケースでは、吐くための袋やバケツ、つぶれ部屋を用意していることもある、といった意図的な酔いつぶしである。その四は、本人の体質や意向を無視して飲酒をすすめる、宴会に酒類以外の飲み物を用意しない、飲めないことをからかったり侮辱するなど、といった飲めない人への配慮を欠くことである。その五は、酔ってからむこと、悪ふざけ、暴言、暴力、セクハラ、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。