精神遅滞について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数4,506
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    精神遅滞障害精神福祉医療

    代表キーワード

    障害精神遅滞

    資料紹介

    精神遅滞について
    ・原因
    精神遅滞はさまざまな医学的要因と環境要因によって起こります。遺伝的なものもあります。受胎前や受胎時に起こるものもあり、妊娠中や出産時、出生後に起こるものもあります。最も一般的な要因は脳の成長と発達が何らかの原因によって障害されることです。しかし精神遅滞の原因が特定できるのは、軽度の発達遅滞の人の約3分の1、中等度から重度の人の約3分の2程度です。
    ・症状
    精神遅滞の子供には、生まれたときやその直後の段階から明らかな異常がみられることがあります。この異常には身体的なものや神経的なものがあり、顔の形の異常、頭が異常に大きいまたは小さい、手や脚の異常など、さまざまな形で現れます。外見的にはまったく正常でありながら健康に重大な問題があることを示す徴候、たとえば、けいれん、脱力、嘔吐、尿のにおいの異常、ほ乳不良、正常に成長しないといった症状が現れる子供もいます。重い精神遅滞のある子供は、出生後の1年間に運動能力の発達の遅れや、寝返りをうつ、座る、立つなどの動作に遅れがみられます。
    しかし精神遅滞の子供の多くは、幼稚園や保育園に行く年ごろになるまで目立った症状を現しません。程度が重いほど症状が早い時期に明らかになります。最初に気づくことが多い徴候は、言葉の発達の遅れです。精神遅滞の子供は単語を話す、単語をつなぎ合わせて使う、完全な文を話すといったことができる時期が遅くなります。認知障害や言語能力の不足から社会性の発達が遅れることもあります。精神遅滞の子供は自分で服を着たり食べるようになる時期が遅れる場合もあります。子供が小学校や幼稚園、保育園に行くようになって年齢相応の活動や学習ができないことが判明するまで、精神遅滞の可能性を疑わない親もいます。
    精神遅滞の子供は他の子供よりも行動面での問題を抱えることがやや多い傾向があり、突然、怒りを爆発させたり、かんしゃくを起こす、攻撃的な行動をするといったことがみられます。このような行動は彼らのコミュニケーション能力や衝動を抑える力が不足しているためで、欲求不満を感じる状況をさらに悪化させてしまうことになります。年長児はだまされやすく、ささいな犯罪に引きずり込まれる傾向があります。
    精神遅滞の人の約10〜40%には精神疾患もみられます(重複診断)。特にうつ病はよくみられるもので、自分が友達とは違うことに気づいた子供や、障害があることで中傷や虐待を受けた子供によくみられます。
    ・診断
    多くの子供は小児神経科医、発達小児科医、臨床心理士、言語療法士、作業療法士、理学療法士、特殊教育専門の教師、ソーシャルワーカー、看護師などの専門家による診断を受けます。
    医師は精神遅滞の疑いがある子供に対して、知能検査を行い、原因を探ることで診断します。精神遅滞は通常、回復するものではありませんが、精神遅滞を引き起こした原因を特定することで子供の今後の変化を予測し、その子供の機能のレベルを向上させる方法を考えることができます。また親に対しては、同じ障害をもつ子供が生まれるリスクについてのカウンセリングを行います。
    新生児に精神遅滞に随伴すると思われる身体の異常やそのほかの症状がある場合は、代謝性疾患や遺伝性疾患を調べるための臨床検査が必要です。CT検査やMRI検査などの画像検査で、脳の構造的な障害を調べることもあります。
    言語の習得や社会的能力の習得が遅れている子供では、精神遅滞以外の障害や病気が原因になっている場合があります。たとえば聴覚障害は言語や社会性の発達を阻害するので、聴覚検査はよく行われます。情緒障害や

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神遅滞について
    ・原因
    精神遅滞はさまざまな医学的要因と環境要因によって起こります。遺伝的なものもあります。受胎前や受胎時に起こるものもあり、妊娠中や出産時、出生後に起こるものもあります。最も一般的な要因は脳の成長と発達が何らかの原因によって障害されることです。しかし精神遅滞の原因が特定できるのは、軽度の発達遅滞の人の約3分の1、中等度から重度の人の約3分の2程度です。
    ・症状
    精神遅滞の子供には、生まれたときやその直後の段階から明らかな異常がみられることがあります。この異常には身体的なものや神経的なものがあり、顔の形の異常、頭が異常に大きいまたは小さい、手や脚の異常など、さまざまな形で現れます。外見的にはまったく正常でありながら健康に重大な問題があることを示す徴候、たとえば、けいれん、脱力、嘔吐、尿のにおいの異常、ほ乳不良、正常に成長しないといった症状が現れる子供もいます。重い精神遅滞のある子供は、出生後の1年間に運動能力の発達の遅れや、寝返りをうつ、座る、立つなどの動作に遅れがみられます。
    しかし精神遅滞の子供の多くは、幼稚園や保育園に行く年ごろになるまで目立った症状を現しません..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。