福祉レクリエーション支援者の役割

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数6,556
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    福祉レクリエーション支援者の役割
    レクリエーションといえば、楽しい時間を過ごすこと、生活の中で、笑顔を増やすための活動と認識されている人が多いですが、それだけではありません。高齢者、障害者にとっては、一般の人とは異なる意義があります。生活の改善へと導くため、さまざまな目的をもって行われるものなのです。その目的のひとつが、身体機能が低下している高齢者、病気や事故の後遺症がある人、先天性の障害のある人のリハビリテーション、残存能力の維持・向上をはかり、自立した生活ができるようにすることです。とはいっても、訓練を目的として行う運動や体操は、決して楽しいものではありません。楽しくなければ長続きしません。その点、レクリエーションであれば訓練という意識を持たず、楽しんで行うことができます。たとえば、ただ手を前に伸ばすだけの体操では面白みがありませんが、紙飛行機を飛ばして遊べば、楽しみながら同じ身体的効果が得られます。遊びながら、自然に筋力を強化できるわけです。また、身体機能だけでなく、考えたりスリルを味わうなどして脳を刺激することで、認知症予防も期待できます。
    レクリエーション活動によって、身体機..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。