保健医療の現場におけるソーシャルワーカーの現状と課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数5,549
ダウンロード数84
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    保健医療福祉論特講Ⅰ
    レポートテーマ
    「保健医療の現場における社会福祉実践の現状と課題」
     医療機関においてソーシャルワーカーが果たすべき役割は、ソーシャルワークの原則である媒介、仲介を基本としたものであると考える。つまり、医療を受ける側(患者や家族など)と医療を提供する側(病院、医療スタッフ、関係機関など)の橋渡しであり、両者の視点からよりよいサービスが提供、享受されることよう努力することである。
     医療ソーシャルワーカーの役割とは社会福祉の視点から、患者の心理的、経済的、社会的問題の解決、援助を行うとあるが、現在、医療ソーシャルワーカーという資格は存在しない。よってここでは現在存在するソーシャルワーカーの各資格から見た医療における介入を考えたい。
     まず、社会福祉士の視点から考えられる医療機関における役割について述べると、社会福祉士の定義の広範性から、療養中、退院時、社会復帰時、受診受療時、さらに、経済問題や地域生活の場にまで介入は可能であろうと考えられる。まず、療養中(主に入院時)であるが、この間は患者本人と病院との間に介入し、治療方針、方法の説明や患者の要求といったものを相互に..

    コメント3件

    matubokkuri3 購入
    とても参考になりました☆
    2007/06/11 22:08 (9年6ヶ月前)

    feathering 購入
    参考になりました。ありがとうございました!
    2007/07/30 13:03 (9年4ヶ月前)

    mini1110 購入
    参考になりました
    2007/09/12 15:55 (9年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。