吸入麻酔薬の作用

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数3,237
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    吸入麻酔薬の作用
    1、目的                                
     吸入麻酔薬は全身麻酔薬に分類され、中枢神経系に作用して鎮痛・睡眠・筋弛緩を生じさせる。吸入麻酔薬にはエーテル・ハロタン・亜酸化窒素・イソフルラン・セボフルランなどがある。それぞれ血液・ガス分配係数やMACに違いあり、導入の早さや効果の強さに差異がみられる。今回の実験ではエーテルとハロタンを用いる。ハロタンとエーテルは現在二本では全身麻酔薬としては使用されていない。ハロタンは肝毒性のため、エーテルは引火性のためである。今回はハロタン、エーテルそれぞれ量を変えて二回ニワトリヒナに吸入させ、麻酔導入の時間及び持続時間を測定して、導入の早さ、強さの比較を行う。
     また、1群5匹として4群を用意してそれぞれの測定結果の平均値、標準誤差を算出して、各群間の差の検定を行い、結果の差が麻酔の種類や濃度の違いにより生じことを検定する。

    2、材料・器具・試薬                         
    実験動物:ニワトリヒナ
    使用薬物:エーテル、ハロタン
    実験器具:1ℓビーカー×2、脱脂綿、

    3、方法                                
    ニワトリヒナを以下のように使用薬物の種類と濃度により4群(1群5羽)に分けた。
    1群:エーテル…0.5ml
    2群:エーテル…1.0ml
    3群:ハロタン…0.25ml
    4群:ハロタン…0.5ml

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    吸入麻酔薬の作用
    1、目的                                
     吸入麻酔薬は全身麻酔薬に分類され、中枢神経系に作用して鎮痛・睡眠・筋弛緩を生じさせる。吸入麻酔薬にはエーテル・ハロタン・亜酸化窒素・イソフルラン・セボフルランなどがある。それぞれ血液・ガス分配係数やMACに違いあり、導入の早さや効果の強さに差異がみられる。今回の実験ではエーテルとハロタンを用いる。ハロタンとエーテルは現在二本では全身麻酔薬としては使用されていない。ハロタンは肝毒性のため、エーテルは引火性のためである。今回はハロタン、エーテルそれぞれ量を変えて二回ニワトリヒナに吸入させ、麻酔導入の時間及び持続時間を測定して、導入の早さ、強さの比較を行う。
     また、1群5匹として4群を用意してそれぞれの測定結果の平均値、標準誤差を算出して、各群間の差の検定を行い、結果の差が麻酔の種類や濃度の違いにより生じことを検定する。
    2、材料・器具・試薬                          
    実験動物:ニワトリヒナ
    使用薬物:エーテル、ハロタン
    実験器具:1ℓビーカー×2、脱脂綿、
         
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。