社会環境の変化が家庭生活に与える影響

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数1,983
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート福祉学生活家庭結婚離婚

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    社会環境の変化が家庭生活に与える影響
    ―家庭生活と結婚の意義の変化―
    目的・視点・方法
    社会環境の変化が家庭生活をどのように変化させたのか。それによって、現代の結婚の意義と夫婦関係にどのような影響を与えているのかを目的とする。
    考察の視点としては、社会の単位として、そしてそれらがもつ役割を考え上で論じる。
    研究方法は、文献、その他を参考にし、統計的なデータも用いて行う。
    「家庭生活」とは?
    1-1.家庭
     「家庭」とは、学問的に明確な規定概念があるわけではなく、例を挙げると、「家庭」とは「家族の人間関係と日常生活と、そしてそれらが営まれる場とを包括的・全体的にいいあらわすことば」(1)、「家族を単位とする生活組織体」(2)などと定義されている。以上の定義からみると、「家庭」に関するキーワードとして、家族、日常生活の営み、生活の場、などを挙げることができる。このように「家庭」の主体は家族と言えるが、社会の単位としての家庭という視点に立てば、私的・個別的生活領域としての性格を持つことになり、例え一人暮らしであっても、その私的・個別的な生活の場を「家庭」と表現する場合もある。
    1-2.生活
    「生活」とは、例えば、「生物体が生命をもち、生きつづけ、それ自身が意識を持って生きるためのなんらかの活動をしている状態」(3)、「人間が生きるために行う諸活動の総体であり、生きるすべての過程」(4)などと定義されている。以上の定義からみると、「生活」に関するキーワードとしては、生命維持活動、意識的活動、生活過程などを挙げることができる。
     では、「家庭」と「家庭生活」の違いは何だろうか。「家庭」という語は、すでに生活を含んでおり、「家庭生活」という語との違いは必ずしも明確ではない。あえて言えば、「家族という集団を主体とする単位的活動体の活動状況」(5)、「家庭という生活組織体の活動状況」(6)などと言うことができる。
    生活の場の変容
    2-1.「私」第一主義の強まり
     個人の意識の上では「自分の好きなように暮らす」ことを望む人や、プライバシーを重視する人が増加するというように私生活を重視する傾向がみられる。企業と個人の関係においては、転職希望率が上昇しているというように個人の生き方重視の傾向が表れている。また、個人と家族の関係においても、結婚、出産等、家族の問題を乗り越えて生涯にわたって就業を続ける方が良いと考える女性が増加している。  このように「私」を第一に考えるという「『私』第一主義」とでも呼びうる傾向が強くなっている。それは、個人の自由な生き方・行動を肯定する、個人を大事にする傾向、組織への帰属意識の低下、社会との関わり意識の低下といった脱組織、脱社会的な傾向という形で表れている。  「『私』第一主義」が強まっている要因として、第一に、戦後の経済成長により所得水準が上昇し、物質的には豊かさを獲得し、従来願った個人の自由な選択が可能となったという点がある。第二に、欧米との交流が拡大し、個人主義的な価値観が日本人に影響しているという点が挙げられる。従来から「『私』第一主義」的な意識がなかったわけではないが、それが実際に表面化するにはこうした経済社会の変化が必要であった。今後とも、こう した背景は大きく変わらないものと考えられ、「『私』第一主義」の強まりはこれからも続くとみられる。  
    2-2.従来型の家族の変化
    戦後、家族は、夫は外で仕事に集中し、妻は家で家事、育児等を行うという夫婦間の固定的役割分担により「企業中心社会」を支えてきた。その中で、夫や父の不在、家族

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会環境の変化が家庭生活に与える影響
    ―家庭生活と結婚の意義の変化―
    目的・視点・方法
    社会環境の変化が家庭生活をどのように変化させたのか。それによって、現代の結婚の意義と夫婦関係にどのような影響を与えているのかを目的とする。
    考察の視点としては、社会の単位として、そしてそれらがもつ役割を考え上で論じる。
    研究方法は、文献、その他を参考にし、統計的なデータも用いて行う。
    「家庭生活」とは?
    1-1.家庭
     「家庭」とは、学問的に明確な規定概念があるわけではなく、例を挙げると、「家庭」とは「家族の人間関係と日常生活と、そしてそれらが営まれる場とを包括的・全体的にいいあらわすことば」(1)、「家族を単位とする生活組織体」(2)などと定義されている。以上の定義からみると、「家庭」に関するキーワードとして、家族、日常生活の営み、生活の場、などを挙げることができる。このように「家庭」の主体は家族と言えるが、社会の単位としての家庭という視点に立てば、私的・個別的生活領域としての性格を持つことになり、例え一人暮らしであっても、その私的・個別的な生活の場を「家庭」と表現する場合もある。
    1-2.生活
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。