高等学校保健体育科学習指導案

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数8,975
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    高等学校保健体育科学習指導案
    対象学年・人数
     高等学校 第1学年D組 30名 (男子28名・女子2名)
    場所・日時
     平成18年9月12日(火)第3校時
     校舎南側倉庫前(芝の上)
    単元名
     陸上競技(走り高跳び)
    単元について
     (1)本単元の一般的特性
     走り高跳びは、より高く飛ぶことを競い合う運動である。また、助走や踏切の仕方を工夫して技能の習得を図りながら、自己の記録の伸びを楽しむことができる運動である。
     (2)本単元の生徒から見た特性
    走り高跳びは自己記録を知り、自分の目標記録を設定して挑戦することができる運動である。
    記録の向上や上手く跳べたりしたときの喜びを味わうことができる。
    生徒の身長や体重などの体格が記録に影響しやすい。
    バーが高くなるほど恐怖感を持ちやすい。
    動きが瞬間的であり、自己のフォームや欠点がわかりづらい。
    単元目標
    自己の能力に適した課題を持って走り高跳びの運動を行い、その技能を身につけ、競争したり、記録を高めたりできるようにする。
    自己の能力に応じた課題を決め、課題の解決の仕方を工夫することができるようにする。
    互いに協力し合い、安全に留意して練習..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。