マーケティングと心理の関連性

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数430
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    マーケティングをまとめて言葉に表すことが難しい用語である。
      辞書によると「顧客ニーズを的確につかんで製品計画を立て、最も有利な販売経路を選ぶとともに、販売促進努力により、需要の増加と新たな市場開発を図る企業の諸活動」と書かれている。要するにいえば、製品を売る為のプロセスといったところだろうか。
     この講義の指定された題名は「製品戦略」「プロモーション戦略の構築」とされている。前者、後者両方ともマーケティングの大事な定義であるのは間違いない。まずは、前者から語っていきたいと思う。
     「製品戦略」と一言で言語で表しても、とても深く、会社の基盤や人間の心理などが露わになる。大規模な製品を売るには、販売、営業部門などの業務だけでは、成立しにくく、会社の環境、内部、外部関係とともに考えてはいけない。つまり、一線だけを考えず視野を広く持ち、マクロとして考えなければならない。
     しかし、製品の開発(初期段階)の時点では、人間の根底(神秘)を知らなければ、成功の秘訣、分析などは困難であり、決して机上の理論だけでは不透明な部分が多くある。
     高度成長期(1960~1990年)での日本は、社会的に未発達でありながら、人口の急増加などで人脈は厚く、”日本の為に頑張ろう”というやる気がある人々にあやかり、大変な成長を果たした。第二次世界大戦の敗北国のにも関わらず、GDPが世界2位までに昇り上げたのは、日本人として誇りであり、世界上での代表する奇跡国であるにちがいない。
     すこし、話が脱線したが、未発達というと、商品の品質が未成熟であり、購買力が上昇する可能性が含まれるということである。
     一方、現代の日本では商品の購買力はバブルが弾け、日本という国(自分の将来)に不安を抱かされ、資金を将来の貯蓄、保険などの安定に投資しており、前の時代と比較できないほどに小さくなってしまった。それにより、より高度な技術発達を必要とし、発達してきた。その技術、努力の結晶が今私たちが暮らす世界を創造したといっても過言ではない。
     製品の案を出す段階でまず、他社との差別化を図るか、他社の類似品を改良したりなどから始まり、それらに対するコストや技術らを考慮に入れながら考えなければいけない。
     例えを出すと、ある娯楽製品を製作を企画部を通して決定されたとする。その時から、他社との相違点、市場の展開方法、方向性、コストなど決められているのである。方向性とは、購入者の世代いわゆる市場細分化を図ることでもある。その世代に対する製品を出している会社が少なければ少ないほど者が売れるので、供給がなかった大容量で動画の見れる製品を生産を可能にしたとしよう。それが大ヒットするとしよう。そうなると、他のライバル会社が当社の世代を狙って既存の製品よりよりよい物を作る作業に入られる。企業としては、それは避けられない出来事なので、その他社が製品開発に励む最中、先発企業として、絶対的な地位を確保するべく新たな案を練り製品を作る(例えば、低コスト販売、パッケージや外装をリニューアル、更なる内部の改良など)。この時期から導入期(開発期)の赤字は黒字に変わり、企業の名声があがる。しかし、低コストや既存の改良などの当時の企業からの観点でみると比較的にコストがかかり、悪循環が始まる。成熟期の後半に入ると、先発企業は新たな戦略に踏み込まなければならない。他社も徐々に撤退していく。それは、消費者が製品に飽き、需要が減少し飽和状況になってしまうからである。そうなると、その商品でやるメリットがなくなる。だから、撤退していく。簡単な仕組み

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    マーケティングをまとめて言葉に表すことが難しい用語である。
      辞書によると「顧客ニーズを的確につかんで製品計画を立て、最も有利な販売経路を選ぶとともに、販売促進努力により、需要の増加と新たな市場開発を図る企業の諸活動」と書かれている。要するにいえば、製品を売る為のプロセスといったところだろうか。
     この講義の指定された題名は「製品戦略」「プロモーション戦略の構築」とされている。前者、後者両方ともマーケティングの大事な定義であるのは間違いない。まずは、前者から語っていきたいと思う。
     「製品戦略」と一言で言語で表しても、とても深く、会社の基盤や人間の心理などが露わになる。大規模な製品を売るには、販売、営業部門などの業務だけでは、成立しにくく、会社の環境、内部、外部関係とともに考えてはいけない。つまり、一線だけを考えず視野を広く持ち、マクロとして考えなければならない。
     しかし、製品の開発(初期段階)の時点では、人間の根底(神秘)を知らなければ、成功の秘訣、分析などは困難であり、決して机上の理論だけでは不透明な部分が多くある。
     高度成長期(1960~1990年)での日本は、社会的に未発..

    コメント1件

    fudandaxue 購入
    ,
    2007/05/09 22:56 (9年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。