中等社会科教育概論?

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数272
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      皇軍と沖縄
    皇軍と呼ばれ戦った兵士たちは何を思い死んでいったのか。日本は神の国である。と戦時中に教育され、その事を信じて育ち、ある種異常なほどの愛国心を持っていた。現在
    日本では教育基本法の中に愛国心を取り入れようとしている。戦時中特攻隊は天皇に命を捧げた。勇敢に戦った戦士として靖国神社に祀られている。では本当に勇敢だったのであろうか。
     日本でアメリカ軍が上陸したのは沖縄だけである。そこでの皇軍と呼ばれた日本軍は皇軍とは呼べない行動をとっている。1944年に沖縄に水上特攻隊が設置される。陸軍が編成したベニヤ板製の船艇に自動車のエンジンをつけて、目標に体当たりするというものであった。この部隊は敵が出現すれば出て行くはずであった。陸上戦の訓練も準備もないに等しいものであった。天覧の栄に俗したとその特攻隊魂で散っていった。ほんとに勇敢に散っていったのか。その無意味にも思える特攻魂で住民を巻き込み多くの被害を出した。戦場は劣勢に陥った。そこで皇軍は各自持っていた手榴弾二個しか頼みの綱はなかった。住民を集め、二、三十がひとかたまりで折り重なった。死にきれなかった住民は棍棒で頭を殴られ命を落..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。