ペスタロッチーの教育理念

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数720
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ペスタロッチーの教育理念について述べたいと思う。まずペスタロッチーは子供たちに自分で生活する能力をつけさせ、良い家庭に育つ事が道徳的に優れた人間が育つとした。道徳的な人間を育てる為には、家庭の大切さを説いた最初の人物である。また彼は、学校に家庭的な温かさが必要であるともした。
     彼の教育活動の最終的な目標は大衆が貧困に陥っている源を止めることである。子供たちに自分で生活していく能力がついていないので自分たちで生活していく力をつけさせれば貧困の源を押さえられると考えた。文字を覚えて本を読むことではなく、自力で生きていくための必要最小限の力を育てることが大事であるともした。そしてもう一つの源は家庭崩壊である。彼の生前は産業革命の影響が及んでいた。封建制度が残っていた農村社会に産業社会が入ってきた。このことにより、農民の生活が貧しくなった。そのために自力で生きていく力つけさせることが必要であった。大衆が陥っている貧困の源を止めて、社会革命を実現させようとした。
     ペスタロッチーは初めて貧困、あるいは大衆の子供を教育の対象として位置付けた。大衆の子供たちは教会に作られた学校に通っていたが、文..

    コメント1件

    joeyabuki 購入
    良かったです。
    2007/02/26 23:22 (9年9ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。