臨床心理学レポート 1J37中里真佑子[1]

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数797
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

                    臨床心理学レポート 


         「幼児期」 


    乳児期での子供に対する他社からの影響も子供の潜在意識に大きく影響し、重要な役割を及ぼすが、幼児期での子供に対する影響や、幼児期つまり1歳~1歳半の子供の心理的成長もその後の成長に大きく関わってくる。
    幼児期の子供は言語を少しずつ覚えてくる時期ですが、私達のようにまだ自分の意志を100%伝える術を身に付けてはいません。子供の心理というのはそんなに簡単なものではないし、理解するのにも時間がかかるかもしれません。
    幼児期の特徴として見られるのは能動的実験の時期というものだと思いました。今までと違い外科医の物事について実験をするようになるのです。そんな成長の中でも感情の発達は目まぐるしいものを感じます。第一に呼吸脈拍が早くなるとか、汗をかいたり、顔が赤くなるなど身体的変化ないしは生理的反応を示すなどという強い情動反応。第二に快と不快の両極化。快の表現は手足のばたつきや呼吸のから見ることができる。そして怒りや恐れ、次いで得意や愛情の表現が見られる。第三に筋肉が緊張して、手足をばたばたしたり、顔が真っ赤になって呼

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                    臨床心理学レポート 


         「幼児期」 


    乳児期での子供に対する他社からの影響も子供の潜在意識に大きく影響し、重要な役割を及ぼすが、幼児期での子供に対する影響や、幼児期つまり1歳~1歳半の子供の心理的成長もその後の成長に大きく関わってくる。
    幼児期の子供は言語を少しずつ覚えてくる時期ですが、私達のようにまだ自分の意志を100%伝える術を身に付けてはいません。子供の心理というのはそんなに簡単なものではないし、理解するのにも時間がかかるかもしれません。
    幼児期の特徴として見られるのは能動的実験の時期というものだと思いました。今までと違い外科医の物事について実験をするようになるのです。そんな成長の中でも感情の発達は目まぐるしいものを感じます。第一に呼吸脈拍が早くなるとか、汗をかいたり、顔が赤くなるなど身体的変化ないしは生理的反応を示すなどという強い情動反応。第二に快と不快の両極化。快の表現は手足のばたつきや呼吸のから見ることができる。そして怒りや恐れ、次いで得意や愛情の表現が見られる。第三に筋肉が緊張して、手足をばたばたしたり、顔が真っ赤になって呼..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。