被疑者における国選弁護制度の是非

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数304
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    刑事弁護の発端は古くは中世ヨーロッパ、領主による農民搾取にまで遡る。時の権力者や為政者は嘘の証言や偽の証拠によって犯人を作って罪人にし、葬ってしまったことはいくらでもある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    被疑者における国選弁護制度の是非
    刑事弁護の発端は古くは中世ヨーロッパ、領主による農民搾取にまで遡る。時の権力者や為政者は嘘の証言や偽の証拠によって犯人を作って罪人にし、葬ってしまったことはいくらでもある。魔女狩り、ナチスによるユダヤ人虐殺なども、時の権力者による横暴を超えた残虐な行為だった。日本でも戦前の治安維持法などによる政府に反対する勢力の逮捕や牢獄送りがあったことは記憶に新しい。刑事弁護はそのような悪政や罪人作りとの戦いから生まれてきたものなのである。
     ただ、なぜ弁護を行う必要があるのか。そこには、日本が“法律を守る法治国家”であるという理由が根底にある。法治国家である限り日本はすべ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。