陽樹と陰樹の共存メカニズム

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,298
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート農学生態極相陽樹陰樹

    代表キーワード

    農学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    陽樹と陰樹の共存メカニズム
    陽樹と陰樹の性質(最大光合成速度・生長・光要求性・耐陰性)の差異から、森の光環境への対応も異なってくる。そこから考えると、理論的には長い年月が経過すると陰樹だけが残るように思われる。しかし、現実には多くの種類の陽樹が存在する。ということは、陽樹にも世代交代のチャンスがある、ということである。
    極相林は構造的に均一である。大木・中木・小木のセットで構成されている。だが、森林というのは本来ならば構造的に不均一(質)である。どのように陽樹と陰樹は共存しているのだろうか。
    現実には陰樹だけの極相林は存在しない。それは人間が手を加えているからなのだろうか。実は、山火事や台風な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。